治療者プロフィール


横山 恵美 (よこやま えみ)

平成21年日本鍼灸理療専門学校卒業

鍼灸師・按摩・マッサージ・指圧師(厚生労働大臣認定国家資格)

大師流小児はり講習会・臨床報告会修了

産婦人科医による産科・婦人科医療研修会修了

中医鍼灸・婦人科漢方薬講座修了

重度訪問介護従業者研修過程修了

京都造形芸術大学芸術学科通信部・在学中

 

<部活>

中学・高校では体操部(器械体操)に所属していました

体を柔らかくするコツ、お伝えできます。

 

<趣味・好きなこと>

ドラマ・お笑い・映画鑑賞、美術鑑賞、美術史・文学史・音楽史、旅行、寺社巡り、絵画工作、

読書(とくに独・児童文学)、園芸、脳科学、心理学、代替医療研究、料理

薬膳・治療・漢方薬など自分の体で実験すること、など

 

 <治療家になった経緯>

子どものころから色々なことに疑問があり

自分は変わった人間だという感覚がありました。

大学で行き詰まって、自分らしい生き方を探すうちに

有機農業をやりながら自然と調和する生き方を選ぶ人たちや、マクロビオティックを知り、

自分の納得する生き方を探してもいいのか、と思うようになりました。

 

それでも、まだ本当にやりたい仕事を見つけていない

と悩んでいたとき、鍼灸とホリスティック医療の考え方に出会いました。

 

東洋医学をベースとした鍼灸は、心と体、自然との繋がりを大切に人を診ます。

知人に紹介された先生の鍼灸治療を受け、東洋医学や薬膳・漢方・様々な代替医療を学んでいくうちに

一人一人、人間には体にそなわった揺るぎない個性(魂のようなもの)があることに気が付きました。

 

何かにこだわるのではなく、自分の性質・向き不向きをきちんと知って

それをどう活かしていくかが大切なのことなのだろう、と思ったときに

子どもの頃から抱いていた「普通」の世界に対する

違和感が解けていくのを感じました。

 

東洋医学とホリスティック医療は 自然と調和し、気持ち良く生きること

自分を受け入れ、自分らしく生きることの大切さ 

教えてくれました。自分の心身の傾向を知ること、向き合うことは自分らしい生き方をする第一歩

または自信につながっていきます。

私の得た代替医療の技術を通じて

たくさんの女性や子どもたちの役に立てたいと思いやすら木治療室を日々、営んでおります。

 

 

                                                                  3